株式会社AKICO トップページへ

ホーム >> 製品案内 >> 超臨界(水/CO2)試験装置

AKICOは超臨界試験装置のパイオニア
長年にわたる厚い信頼と実績

超臨界(水/CO2)試験装置
Text

超臨界流体は、水やCO2などの飽和蒸気圧曲線の上限点(臨界点)を超える領域です。
超臨界の条件:水では374℃かつ 22.1MPa以上、CO2では31℃かつ 7.4MPa以上
この領域では、液体のような大きな分子が気体のように活発に動き回り、強い溶解作用と拡散作用を伴います。そして分子同士が激しくぶつかり、結合を切り離したり、新たに結合したりします。
超臨界流体の特性を解明すべく、種々の基礎実験が行われてきました。(気液平衡測定、溶解度測定など) これらの基礎実験においても当社の撹拌機循環ポンプ注入装置などは欠かせない存在となっています。 従来は超臨界CO2による、ホップや香料の抽出など、食品への利用が大半でした。最近はさらなる高圧 技術の発展により、半導体や電子部品の洗浄、廃棄物の分解、機能性材料の乾燥/合成など、多様な化学工業への応用が進んできました。
当社は1970年代よりコーヒー豆の脱カフェイン技術の確立から、現在に至るまで、超臨界(水/CO2)試験装置のパイオニアです。 各界の皆様より、あつい信頼を頂いております。 オプションで、その他の仕様にも対応致します。

主な仕様

バッチ容量 50mℓ~5ℓ(内径等 諸条件による)
送液量 10~50mℓ/min(超臨界水)
50~500mℓ/min(超臨界CO2)
設計圧力 MAX. 50MPa(超臨界水)
MAX. 40MPa(超臨界CO2)
設計温度 MAX. 500℃ メタルシール(超臨界水)
MAX. 150℃ ソフトシール(超臨界CO2)
接液材質 SUS316・ハステロイ各種、その他合金
伝熱方式 胴密着ヒータ・電気炉・流体加熱 他
熱源方式 電気・温水 他
適用法規 簡易容器・小型圧力容器
第一種圧力容器・高圧ガス保安法

超臨界CO2抽出装置(120℃・40MPa)
研究用オートクレーブ

抽出器容量は500mℓで、クイック開閉式のフタ締め構造により、圧力容器のボルト締め作業が不要です。圧力計やバルブなどは、操作し易く無理のない配管レイアウトを考慮し、パネル板に集約しました。
液化炭酸ガスをポンプで昇圧し、蒸発させながら抽出槽へ供給します。
抽出槽にはバスケットを設置することで、液体はもちろん、固体や粉体なども装入できます。抽出後のガスを大気へ放出すると、炭酸ガスの急速膨張によってドライアイスになります。
放出口をヒーティングすることで、連続的に放出しながら、新たな超臨界CO2を供給します。
ガス放出口には気液分離器を接続すると、抽出物を回収できます。
健康食品や医薬品原料など、種々の抽出実験にお役立て頂けます。
抽出プロセスはバッチ式としても流通式としてもお使い頂けます(圧力調整弁とバルブの開閉による)。

CO2超臨界流体実験装置(240℃・29.5MPa)
研究用オートクレーブ

抽出器容量は0.99ℓで、ボルト閉めフタ方式です。高温実験を行うために、メタルシール構造です。圧力計やバルブなどは、操作し易く無理のない配管レイアウトを考慮し、パネル板に集約しました。
圧力容器のフタは架台に固定され、容器本体を上下させて開閉します(ネジ式昇降装置)。
さらに容器本体はスライド機構によって、手前に引き出すことも可能です(前後スライド機構)。液化炭酸ガスをポンプで昇圧し、蒸発させてから抽出槽へ供給します。
抽出槽にはバスケットを設置することで、液体はもちろん、固体や粉体なども装入できます。抽出後のガスを大気へ放出すると、炭酸ガスの急速膨張によってドライアイスになります。
放出口をヒーティングすることで、連続的に放出しながら、新たな超臨界CO2を供給します。
ガス放出口には気液分離器を接続すると、抽出物を回収できます。
印刷業界向け機能性インクの研究など、種々の実験にお役立て頂けます。
抽出プロセスはバッチ式としても流通式としてもお使い頂けます(圧力調整弁とバルブの開閉による)。

CO2超臨界流体実験装置(150℃・40MPa)
研究用オートクレーブ

溶解槽1基と抽出器2基を装備します。内容量はそれぞれ700mℓ、3ℓ・500mℓです。
クイック開閉式のフタ締め構造により、圧力容器のボルト締め作業が不要です。
溶解槽と抽出器2基により、溶媒混合による単独抽出・段階抽出が可能で、医薬品研究などに最適です。
抽出後のガスを大気へ放出すると、炭酸ガスの急速膨張によってドライアイスになります。
放出口をヒーティングすることで、連続的に放出しながら、新たな超臨界CO2を供給します。
ガス放出口は、ガスクロー・エキクロー分析器への接続、晶析ノズルによる微粒子の噴霧も可能です。
抽出プロセスはバッチ式としても流通式としてもお使い頂けます。(圧力調整弁とバルブの開閉による)

CO2液化試験装置(40℃・15MPa)
研究用オートクレーブ

高圧気液分離槽とCO2回収槽を装備、ボルト閉めフタ方式で、内容量は共に900mℓです。
発電プラントなどから出るオフガスを圧縮・液化して、CO2を回収・貯蔵する試験装置です。
温室効果ガスであるCO2を、プラントのオフガスから回収・貯蔵することで環境問題に配慮します。
オフガス導入ラインにはフィルターバスケットを設け、粒子物をろ過してから圧縮機に吸い込みます。
圧縮後のガスを冷凍機で熱交換して液化し、高圧気液分離槽を経由してCO2回収槽で貯蔵します。
移動式の高圧ガス設備で、各プラントまで移動してオフガスを受け入れます。(可燃性ガス対応)
屋外設置を前提とし、片流れ屋根・前面シャッター・背面ドア、その他カバーで覆われます。

CO2超臨界乾燥試験装置(130℃・25MPa)
研究用オートクレーブ

乾燥セル2基を装備し、内容量はそれぞれ850mℓ、3.8ℓで、ボルト閉めフタ方式です。
機能性ゲルシートの製造で必要となる乾燥工程を、CO2超臨界で行う試験装置です。
圧力計やバルブなどは、操作し易く無理のない配管レイアウトを考慮し、パネル板に集約しました。
液化炭酸ガスをポンプで昇圧し、蒸発させてから乾燥セルへ供給します。
乾燥セルは内面がテフロンコーティングされており、塩酸などの抽出物に耐食性があります。
抽出後のガスを大気へ放出すると、炭酸ガスの急速膨張によってドライアイスになります。
放出口をヒーティングすることで、連続的に放出しながら、新たな超臨界CO2を供給します。
ガス放出口には気液分離器を接続すると、抽出物を回収できます。
抽出プロセスはバッチ式としても流通式としてもお使い頂けます。(圧力調整弁とバルブの開閉による)

流通式超臨界水試験装置(450℃・35MPa)
研究用オートクレーブ

卓上テーブルに機器をねじ止めした省スペース装置です。ポンプ4台と予熱器、温度コントローラ・圧力計などの計装部をコンパクトにレイアウトしました。コイル式反応管と氷融解熱を利用した冷却管を装備します。多数のポンプにより、水と原料・表面改質剤などの送液バリエーションが豊富です。
内温6点・内圧1点と、ヒータ温度などをデータロガーにてPCへ取り込めます。
常温送液ラインと高温高圧ラインで、各々安全弁を装備し、安全性に配慮しました。
高温高圧ラインで使用するバルブは、全て当社で設計製作したもので構成されます。
系の圧力を制御する背圧弁も、当社製です。

流通式超臨界流体熱分解反応装置(500℃・35MPa)
研究用オートクレーブ

オイルサンドやタールサンドなどの重質油を改質し、軽質化するプロセスを研究する装置です。
流体は、水・CO2・ヘキサン・メタノールなどで、反応には触媒も使用します。
直管型反応管をブロックヒータで加熱して、超臨界領域での熱分解反応を行います。(防爆対応)
水素を添加することにより、連続的に改質油を得ることが可能です。(可燃性高圧ガス対応)
ポンプ3台、水素ブースター、固液分離槽・気液分離槽・油水分離槽を装備します。
高温高圧ラインで使用するバルブは、全て当社で設計製作したもので構成されます。
系の圧力を制御する背圧弁も、当社製です。
重質油を軽質化し、既存の石油から代替えすることで、資源の枯渇問題に対応します。