株式会社AKICO トップページへ

ホーム >> 製品案内 >> 振盪式リアクター加熱撹拌装置

500℃まで昇温可能な加熱装置で
チューブリアクターを装填するブロックヒーター。

振盪式リアクター加熱撹拌装置
Text

500℃まで昇温可能な加熱装置で、チューブリアクターを装填するブロックヒーターです。東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI)の 阿尻雅文 教授 によるノウハウ指導により、開発・商品化いたしました。

装填口はチューブリアクターに完全密着する設計で、すばやい伝熱が可能です。
リアクターを装填したブロックヒーターそのものを、振盪運動で撹拌します。前後30㎜の往復運動で、毎分120回の振盪が可能です。キャスター架台に制御盤を一体化した基本型と、制御盤を自立させた独立型があります。多種少量実験用途に、チューブリアクターを4台又は6台、同時処理可能です。

インターロック機構やドアカバーなど、ユーザー様のご要望に合わせたご提案ができます。オプションで、その他の仕様にも対応いたします。

基本形式 SAH-R4_500

 

基本形式 SAH-R4-500
ヒーター部
系統出力
2系統出力   Aヒーター:2.5 kW
       Bヒーター:2.5 kW
温調性能
最高設定温度:505 ℃
室温から50分で予熱完了
精度誤差 :定常時±2℃
制御方式
P.I.D サイリスター(SCR)
振盪部
駆動出力
3相-200V-1.5kW
周波数設定
つまみによる調整
0~60Hz(0~120 min-1)
振盪ストローク
30㎜(前後運動)
制御方式
PWM方式インバータ
センサ部
温度制御
メタルコネクタK熱電対 SUS316
内温測定
メタルコネクタK熱電対 インコネル
圧力測定
半導体歪ゲージ圧力トランスミッタ
電源電圧 3相-200V-40A
外形寸法 W600 × D600 × H1800㎜
装置重量 約300㎏