株式会社AKICO トップページへ

ホーム >> 製品案内 >> 燃焼合成反応装置

元素同士による化学反応時の自己燃焼熱を利用し
合金や化合物を、簡単・スピーディに合成

燃焼合成反応装置
Self-Propagating High Tempertures Synthesis System

合金や金属間化合物、機能性セラミック(Si3N4・AIN・BNなど)を簡単スピーディに合成でき、安全で容易な操作性と、長期間にわたってほぼメンテナンスフリー(保安装置は除く)の装置です。
燃焼合成法は、元素同士が化学反応する際、放出される自己燃焼熱を利用する画期的な方法。着火時に必要な火種を除き、外部からの加熱を全く必要としません。
この方法では200種以上の化合物を合成でき、磁性体・酸化物超伝導体や、熱電素子などの機能性材料、傾斜機能材料への応用も可能です。合成過程では、高圧による等方加圧効果により、緻密な焼結体や鋳造材が得られます。合成時の温度は、耐圧のガラス窓を透過する放射温度(非接触)で測定します。ピーク温度が2500℃ 程度に達するので、熱電対などの接触型温度計では計測不能です。
大学等の機関と連携し、共同研究で得たデータを基に、当社の実績とノウハウを結集した装置です。試料装入るつぼ・着火用電極装置・ガラス窓やジャケットなど、周辺機器を含めた最適設計をいたします。

主な仕様

型式 縦型・横型
  ボルト締め 又は 急速開閉式
容器容量 20 ~ 60ℓ
設計圧力 MAX. 15MPa
設計温度 MAX. 80℃
(ジャケットによる本体冷却)
内部温度 最高 2500℃ 程度
接ガス材質 SUS304/SUS316
フタ開閉 縦・横 スライド方式 他
使用媒体 真空からのガス加圧
(アルゴン・窒素など)
合成試料 ・窒化ケイ素(Si3N4)
・窒化アルミニウム(AIN)
・窒化ホウ素(BN)
適用法規 高圧ガス保安法

着火試験の模様

 

縦型ボルト締め方式・20ℓ

縦型ボルト締め方式・40ℓ

横型ボルト締め方式・20ℓ

横型クイック開閉方式・60ℓ

横型クイック開閉方式・40ℓ・インターロック付ドアカバー
研究用オートクレーブ

横型クイック開閉方式・25ℓ
研究用オートクレーブ